内部結露の疑いがあるなら白蟻駆除業者に相談する

冬の結露の中でも「内部結露」には要注意!

結露には2種類のものがあり、種類によってどんな被害が出るかが異なります。結露の種類を知ることで効果的に白蟻駆除を行なうことができます。では、結露にはどんな種類があるのか具体的に見ていきましょう。

結露には「表面結露」と「内部結露」がある

表面結露
表面結露というのは、壁や天井、窓ガラスなどの表面に見られる結露のことです。外気と建材との温度差で生じるもので、断熱性が低い建物によく見られます。表面結露が発生すると壁などがじめじめするため、カビやダニが発生しやすくなります。カビやダニが発生するとアレルギーや喘息といった人体被害にも繋がる危険性があります。
内部結露
目で確認できる表面結露に対し、内部結露というのは壁などの内部で発生するものなので、結露が起きていても気づかないことが多いです。内部結露が発生した建物は白蟻被害に遭いやすくなります。綿状の断熱材を使用したものや内断熱工法を使用した建物の場合、内部結露が発生している可能性が高いので、白蟻駆除業者に点検してもらいましょう。

結露が生じてしまうと、冬の乾燥した時期であっても湿気を好むシロアリにとって活動しやすい環境になってしまいます。

結露を発生させないための対策

結露

表面結露と内部結露のどちらの場合も、原因は外気と室内の温度差にあります。表面結露の場合は水気を拭き取ることができますが、内部結露ではそれが難しいので、建物の断熱性を高めて根本から対策を行ないましょう。断熱材がある建物だからと思っていても、古いものではその機能が失われ白蟻駆除をすることになるので注意が必要です。

TOPボタン